BACK 戻る

後腹膜気腫 症例1(写真1枚)

仰臥位単純像

腹壁に沿って両側に漏斗状のガスの集積が見られる。右側では肝の下縁の内側にも異常ガス像が三角形の形で見られる。心に重なる異常な透亮僧が斜めに胃を横切ってすじ状に見える。これらは全て後腹膜気腫によるものであるが、この患児は扁桃腺の手術後で人工陽圧換気が行われており、肺のエアリークから縦隔気腫となり、後腹膜気腫となったものである。


BACK 戻る